注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

念佛宗無量寿寺対策マニュアル

被害情報などnenbutsu@sohu.comまで、捨てメアド推奨です。

 
 
 
 
 

日志

 
 

念仏宗のいい加減な教義作成  

2011-08-10 18:11:34|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
念仏宗のいい加減な教義作成

1.
 
「念佛宗」の名前のとおり、基本は「南無阿彌陀佛」と阿弥陀佛の名前を 
唱える称名念仏によって、阿弥陀佛の主催する西方浄土に往生できる、 
という浄土教系の仏教だということになっています。従って、基本的には 
浄土三部経(無量寿経?観無量寿経?阿弥陀経)が根本経典になります。 
もちろんこうした浄土三部経(そして龍樹や世親といった浄土教史上の 
高僧たちによる浄土教解釈)には念佛宗のように「儀式」によって 
往生が決定するなどという教義は一切出てきません。 

ただし、念佛宗は都合がよければどんな経典も利用するという方針ですので 
中国で儒教の影響を受けて作られた(従って現在の仏教では参照されない) 
『父母恩重経』などの偽経も持ち出してきます。もっとも、そもそも浄土三部経を含む 
大乗経典自体が、歴史上の釈迦その人が説いた直説ではなく、あくまで後世に 
創作されたものだということも頭の片隅に入れておく必要があります。 
もちろん大乗仏教諸宗はそれらの経典が仮に後世の創作だとしても 
歴史上の釈迦の説いたことの「真意」を明らかにするものなのだと主張しますが。 
そもそもこうした大乗仏教が信じられないとか仏教そのものが信じられないという場合には 
そもそも念佛宗に引っかかる恐れはないと思いますが、参考までに。


2.
 
さて「オツムテンテン」の儀式で極楽往生できるという念佛宗の妙な教義ですが、 
この儀式が以下のような系統を辿って伝承されてきたことになっています: 

善導大師 → 法然上人 → 親鸞聖人 → 蓮如 → 在家(隠し念仏) → 念佛宗 

親鸞から蓮如の間は浄土真宗(本願寺派)の門主たちの系統 
(親鸞は宗祖?蓮如は本願寺第8世門主)ですので、 
親鸞?蓮如、その間にいる本願寺の歴代門主(覚如?存覚)などの 
書き残した文書が経典に準ずるものとして利用されます。歴史的に言って 
浄土真宗本願寺派は親鸞からの世襲的血統を重要視し(仏教なのに!?)、 
信徒の往生も門主次第とし(特に蓮如)、信徒に門主への服従と布施を要求する 
(特に覚如)、という、現在の目から見れば多分に問題の多いものでした。 
従って、念佛宗では門主(つまり開祖や現在の代表者)への服従や布施を 
正当化するのに、覚如?存覚?蓮如の書き残したものが良く利用されます。 
歴史的にカルト的性格を帯びていた本願寺派の暗部が念佛宗という現代の 
カルト集団に利用されていると言えばわかりやすいでしょうか。 

しかし、面白いことに彼らが依拠する蓮如自身(或いはそもそもの法然?親鸞も)が、 
儀式の類によって往生が定まるとする教義を邪義(秘事法門と呼ばれます)として 
排斥しています。また往生はただ阿弥陀佛の功徳のみによって定まるのであって 
我々の側の自力(特に布施などのいわゆる「善行」によって善果を積もうとすること)は 
極楽往生に影響を与え得ないという本願寺派の絶対他力思想(これは特に覚如?蓮如に 
顕著ですが)と、念佛宗の善行(特に布施)を推奨し、それを常に持続して死ぬまで 
行わないと往生が叶わないという脅迫的?強迫的な教義は相容れません。 
つまり、念佛宗は彼らが正しいものとして依拠する浄土教の高僧たち自身の 
教えによって異端とされている宗派なのですこれは念佛宗の教義が 
不整合で矛盾していることを示します(従ってそれが正しいことはあり得ません)。
  评论这张
 
阅读(2219)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017